生シラスにソーヴィニョン・ブラン

  • 2017.06.05 Monday
  • 00:48

土曜日の夕食は、地元のスーパーで買った生シラス。

DSCF6196.JPG

 

ワインは、ウッディファーム@山形のソーヴィニョン・ブランを。

DSCF6192.JPG

レモンのような爽やかな柑橘系の酸が、生シラスのほのかな苦みにバッチリグッド

 

私はシンプルにショウガ醤油で、家族は醤油+生卵でシラス丼にしていました楽しい

DSCF6545.JPG

 

(おまけ)

 

青空にノラポン

DSCF6200.JPG

 

金曜日の会社帰りに連れて帰ったばかり。飲むのはもうちょっと先かな。

DSCF6202.JPG

最近飲んだワイン 2017-5月

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 00:49

先月末から今月にかけて飲んだワインをいくつか。すべて家呑みです。

まず、ソーヴィニヨン・ブランを2銘柄。気温が上がると、この品種が飲みたくなりますしね。

DSCF5683.JPG

 

DSCF5690.JPG

切れ味のあるシャープな酸が素晴らしい1本。後日、もう1本買いに行っちゃいました楽しい

 

こちらは、小布施のSB。よく見かけるオーディネールの1ランク上のキュベかな?

DSCF5868.JPG

 

DSCF5865.JPG

これはもうバランスも味わいもお見事。本当に美味しかった!  2本買えばよかったショック

 

続いて、ロゼを2銘柄。

DSCF6314.JPG

 

DSCF6315.JPG

 

DSCF6318.JPG

リリースされたばかりの2016年は、酸化防止剤を最小限にしたため、微発泡気味。

というか、口の中でもけっこう泡の刺激が感じられて、非常に心地良い味わい。これだったら、

例年別リリースされるサンスフルのヴァージョンが必要ないのでは?

 

そして、余市のロゼも美味しく頂きました。

DSCF6267.JPG

ベランダで、青空をバックに。

 

DSCF6269.JPG

逆光も面白いし楽しい

 

DSCF5877.JPG

淡い色調とは対照的に、エキスがぎゅっと詰まった濃密な味わいのロゼ。

2日に分けて飲みましたが、時間が経って泡が消えてからも美味しく頂けました。

 

昨年も買った、表ラベルなしのピノ。

DSCF5913.JPG

 

DSCF5907.JPG

しっかりした酸と、みずみずしい果実味が魅力的なピノ。2千円台という値段も魅力的。

給料日になったら、もう1本買いに行こうと画策中です。

 

アズアズの新作赤。

DSCF6355.JPG

 

メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン、バルベーラのブレンドだそう。

DSCF6354.JPG

 

DSCF6348.JPG

もっと淡い色調で味わいも軽やかなのかと思っていたのですが、思ったら大違いでした。

濃厚で力強く、タンニンも酸もしっかり。これはもう、素晴らしい赤ワインです。驚きましたびっくり

 

そして先週末は、これ。

DSCF6448.JPG

 

DSCF6451.JPG

開けてすぐは、エグミというか苦みのような味わいが強くて「えっ?」と思いましたが、時間と共に

爽やかな酸が出始めて、貴腐ワインの甘みと絶妙のコンビネーション。餃子にもバッチリでした拍手

ナカイ ヨイチ・シードル 2015 (ドメーヌ・タカヒコ)

  • 2017.04.10 Monday
  • 00:57

今週末は、久しぶりにシードルを。ようやく暖かくなってきたからね。

DSCF3525-001.JPG

 

ドメーヌ・タカヒコに醸造を委託しているシードル。

DSCF3527.JPG

 

バナナのような甘いトロピカル系の香りがたっぷり。シードル用のプラムリー種リンゴを使っているので、

酸がしっかりして、引き締まった味わい。夕食はカツオ刺しだったんだけど、邪魔することなく、

どちらも美味しく頂きました楽しい

DSCF5936.JPG

同じ2015年のナナツモリ・ピノは、リリースされたばかり。これを開けるのは2年後ですな。

 

ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ルージュ ツヴァイ 2013

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 19:22

トモ・ルージュが美味しかったので、同じ品種で師弟対決、というか飲み比べを楽しい

DSCF5690.JPG

 

DSCF5686.JPG

 

DSCF5688.JPG

 

DSCF5696.JPG

ヴィンテージは違いますが、トモ・ルージュに比べると、こちらの方がエレガントで酸が綺麗な気が。

きめ細やかながら、しっかりと存在感のあるタンニン。滑らかな口当たりで、すいすい飲めちゃいます。

 

香りは黒いベリー系、ほのかにチョコレート。そして杉のような木の香りも。

3年経っていい感じに丸くなった感がありますが、まだまだ熟成しそう。

 

半分残した翌日には、ピノ・ノワールのような獣系の香りも。酸が穏やかになって、果実の甘みが

ぐっと前に出てきました。いや〜、これは美味しいワインです。前回は鰻との相性も良かったですしね

そういえば、前回のスパイシーさは今回感じず。面白いものです。

トモ・ルージュ 2015 (ドメーヌ・アツシ・スズキ)

  • 2017.04.01 Saturday
  • 00:59

噂のうさちゃんワイン

DSCF5609.JPG

 

夕方の東海道線に揺られて、先週我が家へ到着しました楽しい

 

DSCF5602.JPG

 

DSCF5600.JPG

 

で、今週半ばにさっそく抜栓

DSCF5670.JPG

まず、この色調の濃さにビックリです。

 

甘い樽香が鼻をくすぐり、チェリーリキュールやドライプルーンを思わせる香りも。

口に含むと、柔らかな酸と力強いタンニンがじわじわと。完熟感のある果実のエキスがぎゅっと詰まって、

ボリュームと飲み応え十分。思わずうなります。アルコール度13.5%というのも納得です。

 

瓶にコルクを刺して残した半分は、1日置いて3日目に。硬質だったタンニンが丸くなって、果実の甘みも

酸の余韻もしっかり。いや〜、これは凄いワインです拍手 ツヴァイゲルトの潜在力を充分引き出した感あり

色ものっぽいラベルに騙されちゃいけませんね。

DSCF5665.JPG

 

そういえば、この本の最新版が久しぶりに発売になりました。実に3年半ぶり?

GRAPE REPUBLIC Vino Rosso Naked

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 00:30

吾妻山公園の帰りに買った、山形発のニューフェイス。

DSCF5526-001.JPG

当初予定ではなかったんだけど、「こんなものがあるけど」とご案内頂いたので楽しい

 

鮮やかなロゼワイン。

DSCF5531.JPG

 

ボトル周りの小物も、他に例のない凝り具合です。デザインも秀逸。

DSCF5532.JPG

 

山形県産のスチューベン(55%)とデラウエア(45%)のブレンドだとか。

DSCF5529.JPG
アルコール度は9%と低いんだけど、予想以上に果実のエキスが濃くて、しっかりした味わい。

柔らかな酸もたっぷりで、とても美味しいナチュラル系ワインでした。

VOTANO Pinot Noir 2015

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 00:37

先週末に買ってきた、VOTANOの新作ピノ2種類。それぞれ2日に分けて夕食時に頂きました。

DSCF4400.JPG

 

DSCF4591.JPG

 

DSCF4646.JPG

同じ自社畑のブドウを使いながら、#1は樽熟成、#2は特殊ポリタンクで熟成させたとか。

 

どちらも共通するのが、酢酸系の香りと強烈な酸味。酸化したような独特の味わいですが、

飲み進むうちにこれが癖になります。

 

#2の方がタンニンが力強くて、味わいに深みも感じられて自分好み。脂の乗った鯖の干物、

そして肉じゃがにもバッチリ合いました楽しい

どちらも2日目の方が果実の甘みが出てきて、ぐっと美味しくなった感がありました。


税込で#1 が2,500円、#2 が2,000円と日本のブティック・ワイナリーが手掛けるピノとしては

かなりのお値打ちですね。

最近飲んだワイン&日本酒 2017年1月〜2月

  • 2017.02.11 Saturday
  • 18:51

年が明けてからは家呑みばかりですが、夕食時にぼちぼちと楽しんでます。

昔みたいに細かいテイスティング・コメントのメモはしていないので、写真メインでたらーっ

 

毎年楽しみな、ドメーヌ・ナカジマのペティアン。ラベルのデザインが年々可愛くなっていきます楽しい

DSCF3966.JPG

 

2015年に続いてガス圧抑えめ。吹きこぼれの心配なしです。すっきりとドライな味わい。

DSCF4230.JPG

 

お店のセラーに眠っていた2008年の甲州。

DSCF3260-001.JPG

8年経っているとは思えないクリアな色調。穏やかな酸味とフレッシュな果実味が実に美味しい1本でした。

 

小布施のラインナップの中ではお手頃な価格帯のオーディネール・シリーズ。

DSCF4262.JPG

 

抜栓初日はまだ表情が硬かったけど、2日目には果実の甘みがぐっと出て、一気に美味しくなりました。

DSCF4265.JPG

 

前から気になっていたワイン。ジューシーな味わいでバランスも良く、和食にも洋食にも合いそう。

DSCF3971.JPG

 

近所のスーパーで。独特のスパイシーな香りに濃厚な味わい。イベリコ豚ロース焼肉と。

DSCF3969.JPG

 

これもまたスペイン赤。600円台とお値打ちながら、予想を遥かに上回る美味しさでした。

DSCF4255-001.JPG

 

続いて、日本酒。

DSCF3266.JPG

まず、八海山の1年熟成もの。毎年新酒として11月に発売される、しぼりたて原酒の「越後で候」を

蔵元で1年貯蔵してリリースした限定品。会社帰りに東京駅構内の酒屋さんで見つけました。

いわゆるヒネ香とは違う、きれいな熟成香とふくよかな酒質を楽しめます。

 

これまた、東京駅で遭遇。

DSCF3977.JPG

酒造年度は2018年だけど、原料の酒米は2015年産という面白い造りです。飲んだのは初めて。

お米の甘みと旨みがたっぷりなんだけど、酸がしっかりしているので、全然重たくなくスイスイ飲めます。

 

そして、先月末に参加した河西屋酒造さんの試飲会。

DSCF3714.JPG

全量純米蔵ながら、久しぶりに造ったという本醸造酒。諸般の事情で、手持ちの醸造用アルコールの

ストックを使い切らなければならなくなったので、この2016BY限定で復活させたのだとか。

2種類とも美味しかったです。この味わいで一升瓶2千円というお手頃価格も魅力的拍手

 

DSCF3716.JPG

 

DSCF3717.JPG

 

DSCF3719.JPG

 

DSCF3720.JPG

 

 

写真以外にも燗酒を含めて、全16種類。蔵元の仕込み水で酔いを醒ましつつ、じっくり堪能しました楽しい

 

 

ファンキーシャトーのカベルネ・フラン 2014

  • 2017.01.22 Sunday
  • 10:51

金曜日の帰りに買ってきた、ファンキーなカベルネ・フラン。

DSCF3608.JPG

 

 

本当はしばらく置いておくべきなんだろうけど、我慢できず夕食時に抜栓。

Mステーションのブルーノ・マーズのパフォーマンスを見ながら、じっくり堪能しました楽しい

DSCF3623.JPG

ほのかなバニラにカシス、チョコレートの香り。リリース直後でまだ硬いのかと思ったら、予想外に

柔らかでエレガントな口当たり。豊潤な酸といい、ジューシーな果実味といい、いま充分に楽しめます。

落ち着いた大人の味わいというべきか。ちょっと大袈裟だけど、久々に魂を揺さぶられるような1本。

 

フラン単体でこんなに美味しいなんて、CWFCの皆さんと飲んだあの伝説のSpottswoodeの1997

オークションロットを思い出しました。

 

このファンキーなフランは、1樽(300本)のみの生産だったとか。お値段はちょっと高いけど、

それなりの価値は充分ありますね。初日は1/3だけ、残りはこの週末じっくりと表情の変化を

楽しもうと思います。

 

(追記)

2日目は、初日に存在が薄かったタンニンが前面に出てきて、しっかりとした力強い味わいに変化。

舌に残る余韻の長さも素晴らしかったです。

 

そして最後の3日目はタンニンがまた影を潜めて、今度は果実の甘さが前面に。瓶の底には若干の

澱も残っていました。

 

こうして飲んでみると、一番美味しかったのは2日目かな。家人も同意見だったし。

1本を家でじっくり飲むと、こういう変化が面白いですね。

 

最近飲んだワイン 2016年11〜12月

  • 2016.12.12 Monday
  • 23:49

日本酒、泡盛、ビールが増えましたが、ワインもちびちび飲んでます。

とりあえず、写真を。

DSCF2242.JPG

 

これは実に美味しいメルロー。フレッシュな果実味といい、ノラ・ルージュを思い出しました。

DSCF2243.JPG

 

DSCF2551.JPG

 

DSCF2549.JPG

 

とてもロゼとは思えない、濃い色調。ヤマブドウを彷彿させる強烈な酸が魅力的です。

DSCF2555.JPG

 

DSCF2270.JPG

 

裏ラベルにも品種の表示はありませんが、ピノ・ネーロ(ノワール)です。

DSCF2272.JPG

 

DSCF2288.JPG

 

DSCF2577.JPG

 

DSCF2581.JPG

 

フレッシュな味わいのマスカット・ベリーA。「果実酒」というラベル表記がぴったりですね。

DSCF2593.JPG

 

千円台半ばながら、しっかりピノの味わい。人気があるのがわかります。家呑みにはピッタリですね。

DSCF2095.JPG

 

南仏ワインながら、ラベルはハワイをイメージしたデザイン。

DSCF2092.JPG

 

果実味たっぷりのカベルネ&メルローブレンド。1300円台という値段も魅力的です。

DSCF2087.JPG

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

スターバックス会員限定キーリング チャームセット

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM