6月6日 PM6時6分に発売の新政

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 00:09

今日の仕事帰りに、ふらりと寄ったグランスタで遭遇。こんなものがあるとは知らなかった!

 

店内の人だかりに寄ってみたら、次々と集まるお客さんに店員さんが段ボールから手渡し中。

棚に並べる暇もなかったようです。6号酵母に引っ掛けて、今日は「新政の日」だったとか。

さっそく飲んでみましたが、フルーティーでとってもふくよか。精米歩合66%というけど、

雑味のようなものは感じません。飲み比べたラピスラズリに比べると酸味が控えめだけど、

とても美味しいお酒です楽しい

 

ついでに「東京に乾杯」も購入。これも今日発売でした。

新政&小布施、日本酒飲み比べ

  • 2017.03.05 Sunday
  • 00:54

今週は日本酒にどっぷりの週でした熱燗

まずは、新政3種類。週の前半、会社帰りのエキナカにて、日替わりで売ってました。

DSCF5184.JPG

 

DSCF5174.JPG

 

DSCF5169.JPG

 

個人的に一番好きなのは、このラピスラズリ中取りですね。お米の旨みも酸もしっかりでバランス良し。

DSCF5194.JPG

 

そして、小布施ワイナリーの日本酒。3月リリース分が、今日入荷したばかりだったとか楽しい

DSCF5213.JPG

 

DSCF5218.JPG

 

4合(720ml)じゃなく、ワイン仕様の750ml入りです。

DSCF5219.JPG

 

スクリューキャップじゃなくてコルク。しかもブショネ防止のDIAM10を使ってます拍手

DSCF5234.JPG

先月買った#6を含めて飲み比べましたが、#6>#3>#1の順で甘くなりますね。

個人的に好きなのは、協会1号酵母の#1(NUMERO UN)です。豊潤な酸がとにかく素晴らしい!

小布施 サケ エロティック #6 2016

  • 2017.02.19 Sunday
  • 00:42

毎年、この時期のリリースが楽しみな小布施ワイナリーの日本酒。

 

先週末に酒屋さんで買ってきました。

ワイン造りがお休みの厳冬期にスタッフの趣味で造っている日本酒で、一升瓶ではなくワイン用の

マグナム瓶(1.5L)を使っています。

 

口当たりがふくよかで、お米の旨みと甘みがたっぷり。同じ協会6号酵母(新政株)を使っているからか、

香りが先日飲んだ新政の陽乃鳥に似ている気が。実に美味しいお酒です。また買いに行こうかと楽しい

最近飲んだ日本酒&ワイン

  • 2014.03.06 Thursday
  • 08:00
2月下旬から3月にかけての分をまとめて。
DSCF6455.JPG
小布施ワイナリーのスタッフが、雪で畑仕事が出来ない1月の間に、リクリエーションと
趣味を兼ねて造るという限定の日本酒。
DSCF6452.JPG
使用する醸造用酵母ごとにナンバーがフランス語表記で付いていて(#1〜#9)、
私が自分用に買ったのは協会4号酵母の#4。大正時代に広島県のとある蔵元で
株分けされた酵母で、現在は使われていないものだとか。

お米の甘みたっぷりながら、しっかりとした酸のお陰でべっとりとした質感にはならず、
アフターに苦みも。日本酒飲んでるな〜、という感じの味わいですが、すっきりと爽やかな
仕上げにまとまっているのはさすが。噂どおりの美味しさです。

DSCF6270.JPG

敷島ワイナリーのシェンブルガー。170本限定だとが。
DSCF6272.JPG
ヴィオニエやゲヴェルツみたいな華やかな香りが素晴らしいです。
酸もしっかり乗って爽やか。これはまたリピートしたいなあ。

DSCF6424.JPG

DSCF6463.JPG
コノスルのカベルネとピノ。どちらも千円未満とは思えない美味しさです。
コストパフォーマンスがメチャクチャ高い!
特にピノには、本当に驚きました。果実味たっぷりで酸がみずみずしく、表情柔らか。
この一つ上のランク、千円台のシングルヴィンヤード・シリーズも試したくなりますね。

 

新政 ヴィリジアンラベル 純米吟醸 24BY

  • 2014.02.02 Sunday
  • 23:25
先週から、自宅でちびちび飲んでます。
DSCF5500.JPG
今をときめく新政酒造のお酒。初めて飲みました。
 
DSCF5496.JPG
フルーティー&ジューシーでお米の甘みがたっぷり。まさに私好みの味わい。
一方でしっかりした酸が全体を引き締めて、バランス良く仕上げています。
なるほど、噂どおりの美味しさ拍手 四合瓶じゃなくて一升瓶を買えば良かった…。
DSCF5506.JPG
麹米の精米歩合は40%! 吟醸というよりは大吟醸のスペックですね、これだけなら。

寒い時期こそラム酒を!

  • 2012.11.28 Wednesday
  • 01:44

今夜は、新党関連のTVニュースをはしごしながら、開けたてのラムをちびちびと。
DSCF7190.JPG
ペール・ラバはフレンチカリブ(フランス海外県)、グアドループ島の沖に浮かぶ小島、
マリー・ガラント島にある世界最小のラム醸造所が1本ずつ丁寧に造っているラム。
特にこの「ドール」は醸造所内ショップ限定販売なのをインポーターさんが交渉して
300本だけ輸入させてもらったのだとか。

なるほど噂通り味わい深くてバランス良く、それでいてしっかりと自己主張する、
実に美味しいラム酒です。日本で買えることに感謝!
DSCF7194.JPG
実は私、20年前の1992年7月にこのマリー・ガランド島に行きました。
グアドループの中心都市、ポワンタピートルからフェリーで2時間、乗船前に全乗客に
非常時用(爆)のビニール袋が配られるほどのあまりの荒波に死にそうな思いでしたが、
上陸した島は19世紀の植民時時代からずっと時が止まったような実に面白い場所でした。
(残念ながら写真はありませんが)

醸し人九平次 飲み頃 純米吟醸 中取り 生原酒

  • 2012.04.03 Tuesday
  • 00:29

とってもレアな日本酒をプレゼントして頂きました。感謝!
DSCF1826.JPG
はせがわ酒店二子玉川店の限定品、しかも予約のみの販売なのだとか。

DSCF1818.JPG
3月19日に瓶詰め。二子玉川店の開店日(昨年のこの日)に合わせたそう。

DSCF1820.JPG
飲み頃が明示されてるところが面白いですね。さっそく飲んでみましたが、
口当たりが柔らかで、とてもジューシー。いやいや、これは美味しいです。
久しぶりに飲んだ、醸し人九平次。明日以降の味の変化が楽しみです。

田中六五(たなかろくじゅうご)

  • 2012.02.19 Sunday
  • 00:33
DSCF0907.JPG
今宵は、サヨリ、鯵の刺身に合わせて、初めて買ってみたこのお酒を。
人気No.1の酒米、山田錦の生産量が全国第2位という産地である福岡県糸島市で
若干27歳の若手杜氏が手掛ける新進気鋭のお酒です。

フルーティーで軽やかな口当たりの中にお米の旨みがたっぷり、酸もしっかりと
感じられて、本当に美味しい。
精米歩合65%だから吟醸とは名乗れませんが(60%以下)、ピュアな味わいは
引けを取りませんね。奥さんも絶賛でした。
DSCF0916.JPG

山間23BYの新潟県内限定バージョン

  • 2012.02.12 Sunday
  • 00:39

DSCF0912.JPG
メカブ&地ダコ刺しは、この2本と。
中身は同じ23BY5号タンクながら、右の「5号中搾り直汲み」は一本ずつ柄杓で
丁寧に手詰めした限定酒で、ガス感もそのまま瓶に入るのだとか。

確かにほのかな泡立ちが舌に感じられるし、こちらの方が若干ながら口当たりが
柔らかな気も。奥さんはこちらの方が好みらしい。
手詰めだけあって量が作れないため、新潟県内の2店舗のみでの販売だそうです。

DSCF0914.JPG
裏ラベルは一緒ですな。

山間の新酒!

  • 2012.02.08 Wednesday
  • 01:18

DSCF0859.JPG
山間の23BY第一弾が、同じ新潟第一酒造の「越の白鳥」とともに到着。
同じタンクのお酒ながら(今回は5号タンク)、タンクの中採り部分を「山間」で
それ以外の部分のブレンド(タンクの上と下)を「越の白鳥」ブランドで
瓶詰めしているのだとか。

確かに味はほとんど同じですが、山間の方が若干重厚感があって甘みも
強い感じ。白鳥さんの方がややフルーティかな。どちらも私のツボですが
ほくほく線の沿線は大雪で大変なんだろうなと、風景を思い浮かべながら
じっくりと飲ませて頂いてます。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

スターバックス会員限定キーリング チャームセット

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM